さぽろぐ

  日記・一般  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


2017年07月17日

マツムシの幼虫が生長している

6月29日に今年初めてのマツムシの孵化を発見してから既に日にちが経ち、
今日、その成長ぶりを、網目の数で測ると、体長が3倍体長約6mm程に
なっている。

   
  

今年は粉餌とツユクサを、餌としてあげている。
最初にあげたツユクサの束はもう葉が、無くなるほどに、マツムシが
群がって居り、今日また、ツユクサの束を与えた。
こう毎日気温が高いと当然ながら水分は絶やせないし、与えないといけない!
小金井市に住んでた時は、水道水を汲み置きして、カルキが抜けるのを待って
与えていた。
段々大きくなると、忙しくなるけど、楽しみです。  


Posted by 邯鄲のゆめ at 23:25Comments(0)秋の鳴く虫

2017年07月14日

カンタンも孵化していました

先に、マツムシの孵化を喜んで、報告したのですが、カンタンも
実は、孵化していたのです。

     

カンタンは、産卵された茎の中で、孵化し、親が卵を差し込んだ
穴を通っては、真白な幼虫が外界に出てくるのです。
此の外界に出てくる瞬間を見るのは根気のいる瞬間です。

2008年に伊達市市民学芸員制度の{終了論文]を書いた時には、
この瞬間を見ることが出来ました。

飼育箱の中のカンタンの幼虫は、この2匹の他に見かけないので
今年は、失敗か??
  


Posted by 邯鄲のゆめ at 15:08Comments(0)秋の鳴く虫

2017年06月29日

待ち遠しいかったマツムシの孵化

今か今かと待っていたマツムシの孵化がやっと確認できました。

例年ですと既に、マツムシの可愛らしい幼虫が、孵化している筈
なのに、今年は、失敗だったのかと、心配で心配で堪らなかった
昨日までの、「邯鄲のゆめ」でした。!!
 
 朝起きて、真っ先に覗き込むのが、日課だったのです。
 
今朝は、!!見覚えのある約2mm程の大きさの幼虫が、

  1匹は、飼育箱の2段目の横枠に

   

  2匹目は、餌箱(テトラフィンベビー餌箱の蓋)の淵に他

    

  3匹、4匹目は、飼育箱の一番下の横枠に

   

  それぞれ屯(たむろ)していました。
 
マツムシの昨年の孵化は、6月16日だったので今年は
約2週間の遅れという事になりました。
ひょっとしたら、何年か前、孵化に失敗した時の事が頭を
過りました。
此れで一安心でーす!!!

後は、カンタンが、孵化して呉れると嬉しいのですが?

  


Posted by 邯鄲のゆめ at 14:04Comments(0)秋の鳴く虫

2017年04月08日

蝋梅が、久しぶりに咲いて呉れた

昨年の秋に、沢山の花芽が、付いていたのですが、冬の寒さで
殆どの花芽が其の儘の大きさから膨らむことが出来ずに、いる中で
昨日、やっと、ですが、
僅かに八輪の蝋のような艶の花びらが開き始めました。
昨年は一輪も咲いて呉れませんでした。

     
 
   

   

    
  
 東京都小金井市から帰郷し、家のリホームを懸けたおり、職人さんの
話では白老の知人が、蝋梅を咲かせていると話されていたので、期待
していたのですが、なかなか咲いて呉れませんでした。
  引越してきた時は、雪囲いをしてたのですが、やはり、優しく見守る
ことが、必要なのでしょうか?
  


Posted by 邯鄲のゆめ at 13:37Comments(0)庭に咲く花

2017年03月26日

キクザキイチゲの蕾と多摩の寒葵

庭に降りて見るとキクザキイチゲの蕾が、今にも咲きそうです。

   

昨日の「ブラタモリ奄美で生き物パラダイス体験」の中で奄美の寒葵がでてきて
寒葵の生息範囲が1mに成るのに何年かかるでしょうか?との問いに100年
懸りますという事に、出演者達が驚いていた!

さて我家の多摩の寒葵; 小金井市に住んでた時に国立市での「多摩の寒葵」
の展示会を見に行った時に娘が戴いた二枚葉のものだったのです。
北海道に帰郷して、この寒葵を木の根元に植えて早12年に成ろうしています。

    

その生息範囲が気になって計ってみると何と30cmには成っているように思え
ました。
此の植物にとって、北の湘南 伊達市は、過ごしやすいのでしょうか?  


Posted by 邯鄲のゆめ at 13:56Comments(0)庭に咲く春の花

2017年03月18日

春の芽吹き

庭の雪が消え、庭を覗き込むと、
            福寿草が咲き始めました!

            

     また、母の植えていた、畑のギョウジャニンニクも
              春の息吹を感じた芽吹きはじめました。

            

       こんな、可愛らしい花も、咲いていました! 

        
                       
  


Posted by 邯鄲のゆめ at 20:36Comments(0)

2016年11月24日

異常に早く咲いた氷花

 お昼頃 iPhone で、「気象庁 アメダス 表形式」で、伊達市の最低気温は-8.0℃、
最高気温は-1.2℃と、出てたのを見て、庭のシモバシラの事を思い出し、庭に出て
みると、氷花が茎に咲いていたのです。
 
 早速、カメラを持ちだして、撮ってみました。
 
 ちょっと見で、花のように見えないのですが、今年は、まだだろうと高を括っていたので、
シモバシラの茎を切るのを忘れていたのでした。
 (写真は縮小してありますので、写真をクリックして戴くと拡大されます)
 
   

   
 
   

 まだ、積雪が無いので、雪に埋もれることは、ないと思います。
 気温が、上がれば解けてしまいます。

 この冬、形の違った氷花を何度見ることが出来るか、楽しみです。

   


Posted by 邯鄲のゆめ at 20:47Comments(3)シモバシラの花

2016年11月19日

未だ羽化前のマツムシがいる

9月25日に、マツムシの飼育箱を覗きこむと、成虫にまじって、羽化していないマツムシの
幼虫が、3匹程、居たのです。

思い出して、11月01日に、この幼虫と成虫を比較の為にD70sカメラにマクロレンズを
付けて、撮ってみました。

(写真は記事の中では縮小されていますので、写真をクリックすると、画像登録の
 大きさに、表示されます)

       

扨て、いつになったら、羽化するのか、楽しみですが、飼育箱のある書斎の出窓は、
夜の温度が10℃以下になるので心配です。



  


  


Posted by 邯鄲のゆめ at 16:26Comments(0)秋の鳴く虫

2016年11月18日

68年ぶりのスーパームーン

久しく、休んで居りましたが、そろそろ ブログに顔を出さないと忘れ去られてしまいそうです。

今年は、2月に、顎?親知らずの痛みがあって、検査・検査に追われ、日鋼記念病院で6月29日に
入院翌日全身麻酔での、骨髄炎の疑いと親知らず摘出手術を受け、3週間の入院生活で、その後
運動は疎かになり今日に至って居ります。

扨て、「68年ぶり11月14日のスーパームーン」が気になり、日が暮れてPM6:00頃から何度か
外に出て、東の空を眺めていました。
始めは、雲に隠れててましたが、Pm7:45頃、玄関先から、東の空を眺めていると、ハッキリした
お月様が見えてきました。

早速、20年以上前にnikon F2 ASに装着して使っていたZoom NIKKOR 80~200mm 1:4.5を
マニュアル設定でNIKON 70Sに着けてシャッターを切って見ました。

 ( 縮小されていますので、写真部分をクリックして戴けると投稿サイズの大きさで見えます!! )


     


手持ちだったのですが、意外と良く撮れていたように思いました。
次は、二枚目です。
同じように映っているのですが、如何でしょう?

   


北海道では、函館、網走方面で見える様な、テレビ報道だったので、感激でした。今から60年先では、
もう見ることが出来ない年の私にとって、良い記念になったような気がしました。



  


Posted by 邯鄲のゆめ at 23:27Comments(2)

2016年06月15日

カンタンが孵化しました

午后、カンタンの飼育箱を覗きこむと、一匹の白い幼虫が飼育箱の縁を
歩いているのを発見した。
透けた体の中に黒い細いスジが見えるのは、孵化した後で、食事をした
証拠だ。
五分餌に蜂蜜を混ぜて、エサ入れに、入れようと上蓋を取り除くと、
孵化したばかりの幼虫が、飼育箱の縁を蠢き、飼育箱の外に出ようと
していた。

早速、カメラに100ミリのマクロレンズを付けて、蓬の葉の裏に
いた幼虫を撮ってみた。

( 縮小されていますので、写真部分をクリックして戴けると投稿サイズの大きさで見えます!! )

  孵化したカンタンの幼虫

今年も、鳴く虫さん達の成長を見守る楽しい、季節が到来しました。

  


Posted by 邯鄲のゆめ at 22:30Comments(0)秋の鳴く虫

2016年06月01日

我家の庭の花

旧国道側のフェンスの外に、咲いてたシバザクラが、そろそろ終わりを告げ
庭の中では、二株のキバナクロユリが咲いています。

( 縮小されていますので、写真部分をクリックして戴けると投稿サイズの大きさで見えます!! )


  

クロユリの方は、咲き終わった様子
(キバナクロユリの右側に見えるのがクロユリ)

   

昨年、野草店で買った「雪もち草」が、今年も
庭の片隅で咲いて呉れました。
買った時の花より元気そうです。

  

今か今かと待ってた甲斐が有りました。


 

  


Posted by 邯鄲のゆめ at 21:17Comments(0)我が家の庭

2016年03月23日

「キクザキイチゲ」が???

数日続いた暖かい春の陽に、春を予感したのか、キクザキイチゲが蕾を擡げて、今にも
咲こうとしてしていたのですが
 





、其の後続いた寒さに、未だに咲けずにいるのです。

東京では、桜が咲きだしtというのに、北の湘南の春は、まだ先なのです。

  


Posted by 邯鄲のゆめ at 11:16Comments(0)

2016年03月10日

福寿草が咲く

啓蟄が過ぎ、降る雪の束の間の暖気が二日程続いた庭に福寿草が咲いていた。

写真に撮り、
 ( 縮小されていますので、写真部分をクリックして戴けると投稿サイズの大きさで見えます!! )

            


    壮瞥の「ゆうあいの家」で、温泉に浸かっていると、雪が降り出した。

温泉に浸った後、帰路 網代町交差点の温度計は-2℃を指していた。

暗くなったので、福寿草の花がどうなったのかは確かめていないが、明日の朝
福寿草がどうなったか、見てみよう。


  


Posted by 邯鄲のゆめ at 21:06Comments(0)庭に咲く花

2015年12月21日

シモバシラ以外の茎に氷花が咲いた

我が家の庭、というより、玄関脇に植えていた草花が枯れ、その茎を短く切って
いたのですが、
12月13日の朝、
         「シモバシラの氷花が玄関脇に咲いているよ!」

 という妻の声に、まさかと思いつつ、カメラを持って、外へ出てみると確かに
短く切られた茎に、氷花が咲いているのです。

 ( 縮小されていますので、写真部分をクリックして戴けると投稿サイズの大きさで見えます!! )

        

        

北海道の伊達市に帰郷して以来、私が、持ってきたシモバシラの氷花以外の
草花の茎に、氷花が咲いているのを見たのはこれが初めてでした。

植えた妻に、その植物を聞いて見るのだが、葉だけの植物という。
はて、春に成ったら、この植物を確かめてみたいものです。




  


Posted by 邯鄲のゆめ at 17:02Comments(2)シモバシラの花

2015年08月17日

クサヒバリの初音

8月14日 12:32 クサヒバリがフィリリリーと鳴き出した。

産卵木がクサヒバリの孵化と同時期に突然 枯れ出したので何匹孵化したのかが

不明だった。昨日、産卵木用に、正木の枝を鉢に挿し木して、枯れた産卵木の

鉢と取り換えた。

幸いクサヒバリは20匹程は居そうだ。

以前、産卵木が枯れてしまい、孵化に失敗した経緯があったので心配だった。

 鳴いている姿を写真に収める事が未だ出来ていないので、飛び羽を付けた雄の

クサヒバリを写真に収めた。

  ( 縮小されていますので、写真部分をクリックして戴けると投稿サイズの大きさで見えます!! )

 

次は正木の花と葉です。

 

  


Posted by 邯鄲のゆめ at 16:52Comments(0)秋の鳴く虫

2015年08月14日

今年初めて野外のカンタンが啼いた

昨晩、今年初めて、野外でのカンタンの初音を聞いた。
このところ、暑い日が続いた後に、あたかも秋の訪れかと思うようなにわかに涼しい日が、
続いたせいか、庭の方から聞こえて来たのです。
今日の夕方も、鳴いているので、その周りを一周してみると、なんと梅の低い枝の所から
聞こえて来たのでした。

  飼育中の我が家での初音は
    7月27日で、毎日のように、暑い日が 続いていたのですが、その前の三日ほど、
    鳴く虫さん達の面倒を見て遣れない日が!!!
    そんな夕方、ルールールーという鳴き声が、作業部屋(アトリエとはとても言えない
    どちらかと言えば、物置状態の部屋)から、聞こえてきたのです。

    昨年の飼育中の我が家での初音は8月09日だったのだから、二週間程早いことに
    なる。
    此れも地球温暖化の影響かと疑ってしまう。
  


Posted by 邯鄲のゆめ at 21:52Comments(0)秋の鳴く虫

2015年07月04日

今年初めてのセミ

昨日、、暗くなるまで庭仕事をしていた家内が、「来てきて、蝉がいる」と言って、
私を呼んでいる。
早速、カメラを抱えて、庭に出ると、まゆみの木の幹の低い所に、蝉が止まっていた
傍に行って、カメラを向けて、撮ってみたが動かない、数枚と撮ってみたが飛び立つ
事はなかった。
     
 ( 縮小されていますので、写真部分をクリックして戴けると投稿サイズの大きさで見えます!! )

     

今朝方、気になって、まゆみの木の少し離れた所に、止まっていた。
手に取ってみたが暴れる様子はなく、木に止まらせるとそのまましがみついていた。
昨日、撮った写真で分かっていたが「コエゾゼミ」の雌だった。

無事に、雄を見つけて、卵を産み付けて欲しいと願った。

  


Posted by 邯鄲のゆめ at 21:39Comments(0)

2015年07月04日

今年初めてのモンシロチョウ

昨日、我が家の近くの旧日拝所跡地の草むらで、モンシロチョウを今年になって初めて見つけた。

  

私が、子供の頃には、モンシロチョウばかりだったのに、36年ぶりに帰郷して、10年目、カンタンなど
鳴く虫ばかりに気を取られている内に「、(前項でスジクロシロチョウと書いたが)エゾシロチョウと
思われるれる蝶ばかりが、飛んでいる。

(前回の所で、倒した梨の木に群がっていたと従兄弟が言われていたことを考えるとエゾシロチョウの方が正しいか?)

  


Posted by 邯鄲のゆめ at 21:21Comments(0)

2015年06月27日

モンシロチョウは何処へ行った、クロスジシロチョウばかりが目立つ

先日、近くの大雄寺さんの水汲み場での事、花に群がる白い蝶達。
よく見ると、モンシロチョウに比べると大きく、羽の周囲及び羽のすじが黒い。
しかも、高い木の上でも群がるように飛んでいるのです。
モンシロチョウでは、ないようです。

        

     

   

 お隣の高等養護学校の先生に尋ねると、クロスジシロチョウとのことでした。
さて我が家の庭でも飛んでくるのは、同じクロスジシロチョウばかりなのです。

私が、昭和44年まで住んだ、日拝所跡に巨大な梨の木が先日、切り倒されたの
ですが、その時に倒されたその木の枝に白い蝶が群がっていたと、従兄弟の方が
言われていました。

見慣れたモンシロチョウは何処へ行ったのでしょう?

  


Posted by 邯鄲のゆめ at 11:12Comments(0)

2015年06月16日

マツムシも孵化してくれました

 昨日の朝、マツムシの飼育箱を覗くと、懐かしいマツムシの孵化した一匹の姿が
眼に飛び込んできました。
 まさにそんな気持ちでした。
 毎年、孵化した姿を見るまでは、心配で心配でたまらないのですから!
 北海道には、いない虫さんだけに、その孵化した幼虫の姿を見ると安心するのです。



  ( 縮小されていますので、写真部分をクリックして戴けると投稿サイズの大きさで見えます!! )
  写真1
     


 この冬は、マツムシの産卵後のメンテナスをいつものようにしてあげていなかった事もあり、
 孵化してくれた事に感謝しています。
 今年は、真面目に、メンテナンスをしてあげようと今から、考えています。

 写真2
  

写真1、写真2は同じマツムシの幼虫です。

「鳴く虫セレクション」には

  マツムシは本州以南に分布しているコオロギの仲間で、

  関東地方での生息域は人が手を入れた 半自然草原であり。

  一方西日本の海沿いの地域では、いたるところの草原で鳴いている。

  ということは、マツムシは、半自然草原に依存しているわけでもない。

いずれにしろ、北海道の自然界では、冬が寒くて生息できないというのですから、

大事に飼育して行き、秋にはマツムシの奏でる鳴き声を今から楽しみにしています。



  

  




  


Posted by 邯鄲のゆめ at 12:06Comments(0)秋の鳴く虫